南部鉄器の歴史と南部鉄瓶の発祥

南部鉄器は、17世紀中頃、南部藩主が京都から盛岡に釜師を招き、茶の湯釜をつくらせたのが始まりといわれます。以来、良質な原材料に恵まれたことや、藩が保護育成に努め各地より多くの鋳物師、釜師を召抱えたことで発展を続け、その製造品も茶釜から日用品にいたるまで広い用途に応じていました。有名な南部鉄瓶は、18世紀になって茶釜を小ぶりにして改良したのが始まりで、一般の人にも手軽に用られるようになりました。

南部鉄器はその優れた品質により多くの人に親しまれ、日本の代表的伝統工芸品として揺るぎない地位とブランドを築いてきました。その逸品の数々は日本的伝統美のひとつの到達として近年さらに評価を高めています。

藤枝工房は、日本の代表的伝統工芸品南部鉄器の伝統を守りつつ新たな伝統や技術を開発し新しい伝統や技法をあみだし是からも常に努力とこだわりを持ち

良い品を皆様に提供し努力を重ねて行く志しです。

私達職人の志し

藤枝工房は、日本の代表的伝統工芸品南部鉄器をの良さを皆様に理解して頂ける用に南部鉄器製造販売やネットサイトなどで情報を公開する事により

豊な日常生活や鉄の秘密や素晴らしさ不思議 遊び心の有る物作り 遊び心が人生の豊かさや物作りにいかに役立っているかその他、色々な情報や

商品のご案内を考えて努力して参ります。

遊び心で作ったトップページです、まだ未完成ですが

トップページ 2