南部鉄瓶 良くある質問

     南部鉄瓶歴史Q&A

簡単な説明

南部の殿様は山梨県南部地方の出身と聞きます。

南部鉄器

?画像

<南部鉄瓶Q&A>

南部鉄瓶歴史Q&A

山梨の南部はほぼ静岡県お茶の産地でもあります。

 

 

?画像

南部鉄瓶歴史Q&A

 

現代の岩手県二戸三戸 浄法寺近郊に

城を築き南部藩主の歴史が始まったと聴きます。

それで南部藩主でお茶を楽しむ方が多い

お茶の道具鉄瓶が出来た

鉄瓶は小泉仁左衛門が初めて作りました

小泉仁左衛門は南部の殿様が

湯釜を作る釜師 小泉仁左衛門

を南部地方に呼び 小泉仁左衛門が

庶民にも美味しいお茶を飲んでほしいと思い

南部鉄瓶を初めて作ったと聞きます。

南部鉄瓶はもともとは湯釜でした

昔の鉄瓶はとにかく大きい

囲炉裏につるして使う道具

鉄瓶の湯を注ぎ切り乾かす道具では無かった

庶民の道具でしたから熱源は焚火

ススやヤニで真っ黒な状態で使ってました。

時代に合わせて小さな鉄瓶になりました。

簡単な説明でした。

 

その他 詳しく聞きたい方は

下記に電話下さい

当方より折り返し電話し納得出来るまで

説明します。

 

藤枝工房 担当  藤枝

080-1678-7771

 

 

急須